ホーム製品情報マルチメディアボックス VS-421MB

マルチメディアボックス VS-421MB

アナログ 4回線、対応タイプ。

ますます高度化・多様化するCTIニーズを見据え、機能の標準装備化を推進。ダイヤル認識、ナンバーディスプレイ、 音声認識などの機能までワンパッケージで実現、用意に統合的なシステムを構築することができます。

さらに多彩な開発環境もバンドルし、圧倒的なコストパフォーマンスとあいまって、開発者の底辺を広げ、CTIをより身近なものとします。

純国産、ハード/ソフト一体開発により、ニーズを見据えた製品を迅速に開発し、低コストで高い信頼性でお届します。
音声認識やIP連携など、独自で最新のCTI技術を開発・インテグレートし製品に反映しています。
「ハード/ソフト一体開発」の強みを生かしたサービスを提供させて頂きます。


新音声合成オプション

・新音声合成オプション3種に対応(VoiceText/AI Talk/FineSpeech)



奥行きを約60mm、サイズダウンしました



本体幅135mm、高さ40mm、奥行き210mm、重量990gのコンパクト設計。19インチラック(1U)に最大3台搭載でき、最大8台まで接続が可能。USBインターフェースにより、増設も容易。スモールスタートのシステムに最適です。

ディップスイッチ搭載(新機能)


ディップスイッチの設定により、複数機器で運用する際に、各機器の順番を固定できるようにしました。

安心の5年間保証

通常のご使用における故障について、特別な費用をお支払いいただくことなく、期間中何度でも修理を受けることができます。


本格的な機能を標準でサポート



大規模・本格的なシステムにも

マルチメディアカードがもつすべての機能をサポートしているので、マルチメディアカードに替わる本格的なCTIシステムの構築が可能です。大規模、かつ弾力的な回線運用が求められるシステムにも柔軟に対応し、故障箇所の特定や切替・復旧も容易で、万一の回線障害の際にも安心です。幅広いニーズや用途に対応します。
・コールセンターの一次受付に
・FAX受注センターのペーパレス化に
・多数の相手先への電話一斉連絡に

こんなニーズに

受付周りが手狭で、とても大きなシステムは置けない!

マルチメディアボックスなら・・・ホストとはUSBケーブルで接続。小型サーバと組み合わせることで、コンパクトなスペースでシステムを運用できます。

部署単位に導入したいが、異動や改変が頻繁なので・・・

マルチメディアボックスなら・・・少回線/多種のサービスに幅広く対応します。設置場所の移動や規模の拡張/縮小も容易。運用環境の変動にも柔軟に対応します。

コストを抑え、遊ばせているPCをサーバーとして活用したい!

マルチメディアボックスなら・・・USB2.0ポートを備えたさまざまなPCに接続して運用いただけます。新たにサーバーの構築は不要。使い慣れたパソコンで営業サポートがすぐに開始でき、既存の設備を無駄なく活用できます。

本格的な運用は事業の成り行きを見極めたうえで考えたい!

マルチメディアボックスなら・・・ハードウェアの構成も最小限からスタートでき、増設も装置単位の接続なので容易。回線が増えるたびにパソコンの増設も必要なく、スモールスタートの運用には最適です。さらに19インチラックを利用したサーバールームでの本格運用にも対応します。

万一の回線故障の際、メンテナンスの手間が大変!

マルチメディアボックスなら・・・テレフォニーボードのようにパソコンを開け、ボードを脱着する手間がなく、専門の知識も不要。前面に運転状態ランプを装備しているので、サービスを止めることなく、故障箇所の特定や切替も簡単です。


お気軽にご相談ください TEL:087-813-5656 郵便番号761-0101 香川県高松市春日町1653-3 センコー第二ビル3F メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ