ホーム製品情報マルチメディアボックス

マルチメディアボックス

VOISTAGEマルティメディアボックス LANインターフェースのネットワーク対応型テレフォニーボックス「VS-401LB、VS-2301LB」。
「VS-401LB、VS-2301LB」は、仮想化/クラウド基盤に対応しているため、CTIシステムの柔軟なシステム構成とサーバーコストの削減を可能にします。

ますます高度化・多様化するCTIニーズを見据え、機能の標準装備化を推進。ダイヤル認識、ナンバーディスプレイ、 音声認識などの機能までワンパッケージで実現、用意に統合的なシステムを構築することができます。

さらに多彩な開発環境もバンドルし、圧倒的なコストパフォーマンスとあいまって、開発者の底辺を広げ、CTIをより身近なものとします。

純国産、ハード/ソフト一体開発により、ニーズを見据えた製品を迅速に開発し、低コストで高い信頼性でお届します。
音声認識やIP連携など、独自で最新のCTI技術を開発・インテグレートし製品に反映しています。
「ハード/ソフト一体開発」の強みを生かしたサービスを提供させて頂きます。

高品質な音声合成エンジン3製品に対応

マルチメディアボックス音声合成オプションとして、人間の肉声をベースとした高性能な音声合成エンジン3製品(VoiceText版 / AITalk版 / Finespeech版)からお選びいただけます。


IVRシステムに最適な音声認識機能を標準搭載

不特定話者の人が話す声をリアルタイムかつ高精度に認識することができます。1回の認識で複数候補(設定可能)をアプリケーションに通知が可能な「N-BEST」や、「えーっと」などの会話中の不要語を判断し、特定のキーワードのみを認識する「ワードスポッティング」機能などを標準でサポートしています。


仮想環境/クラウド環境での運用に対応

LANインターフェースの採用により、同一ネットワーク上の仮想サーバーやクラウド環境に対応したCTIシステムの構築が可能になります。他の業務システムと併せて、システム全体のさらなる物理サーバー集約、ダウンサイジングに寄与します。


分散・冗長化構成により柔軟かつ信頼性の高いシステム構成

同一ネットワーク上で分散化したCTIシステムを構築できるので、マルチメディアボックスのみを各拠点に設置し、各地の市外局番を利用しながら、サーバーはデータセンターに設置するなど、柔軟なシステム構成が可能です。また、1台のサーバーにつき、最大8台(2301LBは3台)のマルチメディアボックスを接続できるため、サーバーおよびマルチメディアボックスを冗長化することにより、故障発生時には運用機/スタンバイ機を迅速に切り替えることが可能です。



標準機能


【ナンバー・ディスプレイ対応】発信電話番号表示サービスに対応、【音声認識】不特定話者の連続認識が可能、【音声処理】64kb/sリニアPCMのナチュラルな音質、【各種GUIツール】開発、設定、実行ツールをGUIで提供、【FAXの処理】SuperG3FAXにも対応、【ダイヤルイン】モデムダイヤルイン/INSダイヤルインに対応、【ダイヤル認識】認識率99.9%以上を実現、【OS】Windows7/Server2008/Server2012対応

 ※OSは、最新バージョンへ随時対応。詳しくはお問い合わせください。

簡単増設


縦積みも可能(最大3台)、19インチラック(オプション)搭載時

修理保証サービス



お気軽にご相談ください TEL:087-813-5656 郵便番号761-0101 香川県高松市春日町1653-3 センコー第二ビル3F メールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ